松本情報工科専門学校 スポーツバイシクル学科

メンテナンスからイベント企画運営

XX連携という新しい自転車の学び。

自転車メンテナンスの技術はもちろん、自転車の安全な乗り方や楽しみ方を教える接客対応、広範囲にわたる自転車イベントの企画・運営のための、安全確保や地域連携のノウハウなどスポーツバイシクルに関する将来の仕事に直結する、幅広い知識と技術を学びます。

CURRICULUM EXAMPLE

カリキュラム一例

実習
自転車組立
シティーサイクルからMTB・ロードバイクまで 調整・分解・組立を行う
ホイールビルディング
ホイールの基本的な組み方について学習する
フィッティング実習
体格等に合わせた正しい乗車姿勢を作るための身体測定、各部品の調整を行う
etc…
学科
自転車構造
自転車の基本的な構造、各種部品の役割や整備工具の取り扱いを学ぶ
トレイル基礎
トレイル(林道)の基本的な整備方法について学ぶ
自転車乗り方
自転車の正しい乗り方、乗車姿勢・各部位のフィッティングについて学ぶ
etc…
外部実習
イベント運営
レース等外部イベント運営スタッフとして参加し、実際に経験を積む
フィールド整備
近隣のMTBパーク等のメンテナンスや、フィールドを研究する
ライディング実習
車種・走行環境の違いによる自転車の乗り方を学ぶ
etc…

LICENSE

主な資格・検定など

・スポーツバイクメカニック
(認定校申請中)
・低電圧取扱(普通救命含む)
・損害保険(自転車保険)
・ガス溶接
・アーク溶接 他

BUSINESS

将来目指す職業

・サイクルショップ店員
・レースメカニック
・サイクル用品メーカー
・イベント企画・運営会社
・ツアーガイド 他

スポーツバイシクル学科

Teacher’s Voice

これからは自転車のメンテナンス・販売をするだけではなく、自転車の楽しみ方や乗り方など、多くの情報をアドバイスできる人が求められると思います。信州松本という恵まれた土地で、2年間自転車ライフを満喫し多くのことを吸収してほしいと思っています。

吉澤 義修

総合広告会社 株式会社アドソニック 松本支社長
(松本の主要ロードレースやライドイベントを企画・運営)

窪田 浩明 氏

お客様の満足とスポーツバイシクルの普及を目的に 各種自転車イベントの企画・運営を学ぶ

数多くのイベント運営を実際に行っている企業のプロとともに
イベント運営を体験しながら多岐にわたるノウハウ学び、醍醐味を体感します。

スタッフ自身がイベントを楽しむことが 参加者の方々にイベントを楽しんでいただくことの第一条件です。

現在、松本市を中心に行われている『全日本マウンテンサイクリングin乗鞍』『ツール・ド・美ヶ原』『アルプスあづみのセンチュリーライド』という3つの主要ロードバイクイベントの運営を手掛けています。
一口に自転車イベントの運営と言っても、企画・準備から募集・実施などの課程で実に様々な要素が絡んできます。例えば、交通状況や地域住民への配慮、天候や安全面への対策など、多岐にわたります。また昨今では全国各地で様々なライドイベントが開催されており、イベントは選ばれる立場。多くのライダーに選ばれるための魅力づくりも重要です。
この学科のカリキュラム「イベント運営」では、私どもが運営するレース・イベントにスタッフとして加わっていただき、その現場を体感します。しかし、細かなノウハウはさておき、学生には参加者の満面の笑みや楽しかったという声を目の当たりにして自転車イベントの運営を好きになって欲しいと考えます。なぜなら、スタッフ自身がイベントを楽しんでいることが、参加者の方々にイベントを楽しんでいただくことの第一条件となるからです。

総合広告会社 株式会社アドソニック 松本支社長
(松本の主要ロードレースやライドイベントを企画・運営)

窪田 浩明 氏

フリージャーナリスト/元NHK記者・解説委員

臥雲 義尚 氏

自転車を地域の利便性向上と活性化につなげ、都市の交通環境を学ぶ。

全国のライドイベントでは、都市部をステージとするツアーも多数開催されています。
「自転車の街まつもと」を目指し、未来の都市型交通を考えます。

松本市は、自転車を主役とした「新しいライフスタイル」を目指す街に 必要な4つの条件を満たし、大きなポテンシャルを秘めています。

現日本国内のいくつかの都市では、ヨーロッパの先進都市をモデルとして、環境・健康・観光の視点から、自転車を交通政策に最大限活用する試みが始まっています。私は、松本こそ、そのトップランナーとなるべき都市であると考え、かねてから『自転車王国まつもと構想』を提唱しています。
松本市は、「自転車で走りたくなる街」に必要な4つの条件を満たしています。①年間を通して晴天率が高い②地形が比較的平坦である③美しい景観に恵まれている④市街地がコンパクトである。とりわけ、自転車通勤圏とされる「都心から半径5キロ以内」に人口が集中している現状は、自転車が生活の足として便利で快適な交通手段となり得ることを表しています。まさに松本は、自転車を主役とした「新しいライフスタイル」を創る、大きなポテンシャルを秘めているのです。
その一方で、「自転車で快適に走れる道路が整備されていない」「便利な駐輪スペースが少ない」といった課題を抱えていて、早急にサイクルインフラの整備に取り組む必要があります。
交通手段として、スポーツとして、自転車が発展する可能性を秘めた松本に、未来の自転車業界を担う人材を育成する学校ができることを大変うれしく思います。Eバイク、シェアサイクル、技術革新が進む自転車の価値を、松本で学んだ皆さんが全国に広めていただくことを期待しています。

フリージャーナリスト/元NHK記者・解説委員

臥雲 義尚 氏

TOP PAGE